生命保険見直し約款と契約のしおり

生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないでしょうか。
いざ見直しとなると、約款を一から読み直したり、生命保険会社と打ち合わせをしたりといった時間や手間がかかってきますからね。

スポンサードリンク

契約時に渡される約款の中には、保険に関することが細かく記載されています。
パラパラとめくっただけで本棚の奥にしまってある、なんてことはないでしょうか。
保険の見直しをする際は、約款と契約のしおりをよく読み、自分の入っている保険の内容についてしっかりと把握しておくことが大切です。
契約の内容や期間、保険料や保険金の支払い事由など、とても重要なことをわかりやすくまとめてくれているのが、契約のしおりです。

わかりやすくといっても、約款に比べて、という感じですが、約款を全部読めない方はせめて契約のしおりを熟読できればOKだと思います。
約款は特に、堅苦しい言葉がずらっと並んでいて、日本語なのに解読しにくい文面になっています。
しかし、なぜか保険会社にとって有利である項目、例えば定期特約の増額といったことですね、こういったことは非常にわかりやすくかかれていつ会社が多いのです。
反対に定期特約の解約た減額といった、保険会社にとって嫌なことは、少々わかりづらく書かれているのです。

保険会社の立場になればわからないでもないですが・・・消費者である私たちからすれば、嫌な約款ですし、その会社自体も疑ってかかってしまいますね。

保険内容を見直すとき、保険契約窓口でやりとりをする方もいると思いますが、ほとんどの方が契約の担当者に連絡するのではないでしょうか。
ただ、ちょっとびっくりする話ですが、保険の営業職員で完璧な保険の知識をもった人は本当にごくわずかなようです。
自分のノルマ達成のためだけに、よくわかってもいない商品を売っている、という人も中にはいるでしょうね。
ですので、契約時の担当に見直しを任せるのであれば、その方がどれぐらいの知識を持っているのか確認する必要がありますね。

もしあまり信用できそうになければ、自分で保険会社の相談窓口に相談したほうがいい場合もあります。
相談窓口には、専用のパソコンがありそれを使って、あなたに最適なプランを出してくれると思います。
無理な勧誘もないですし、安心して利用できると思いますよ。

契約内容を変更するにあたり、簡単なプランなら手続きもスイスイと進むでしょう。
しかし、細かい条件設定などをするときは、なかなか手続きが進まない場合も出てきます。
また、途中で「やっぱりできません」と言われることもあるかもしれませんね。
さらに営業の職員が自宅に来て説得にかかられることもあるようですよ。

自分の意思と将来の設計計画がどれだけはっきりしているか。
ここさえ確固たるものがあれば、少々説得されたからといって揺らぐことはありません。
むしろ無理強いしていくるような会社なら、他社を検討したほうがよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......

▲このページのトップへ