生命保険は、万が一に備えるためのものとして欠かせない保障だと思います。
しかし、保険料の払い込みは長期に渡るため、総額を考えるとマイホームの次に大きな買い物だということができます。

スポンサードリンク

生命保険の保障と保険会社

日本人の生命保険加入率は大変高く、世帯加入率を見てみるとなんと90%を超えているという状況です。
日本の世帯はほとんど生命保険に加入済みだという実態が浮き彫りになっています。

生命保険で貯蓄機能のあるものを選び、老後の資金として設計を立てているかたも多いと思います。
しかし本来、生命保険は万が一の事態に備えるもので、遺族が経済的な負担を被らずに済むように、保障をつけておくのが目的です。

現在の生命保険会社がメインとしている商品は、「定期付き終身保険」と呼ばれるものです。
定期、という部分は、一定期間のみの保障ですので、保険料は掛け捨てになってしまいます。

20歳前半で定期付き終身保険に加入したとしましょう。
60歳払い込みを選択すると、60歳までは定期保険が継続している形になります。
その間は、数百万円から数千万円の保障を買っている、ということになりますね。
定期期間に何事もなければ保険料は無駄のように感じますが、お忘れかもしれませんが、それが本来の保険の意味です。

保険料を支払い、万が一のリスクに対する保障を買う。
何事もなければないに越したことはありませんね。
お守り代わりだと思っておけばいいのです。お守りに見返りを期待する人はあまりいませんよね。

ただし、お守りだといっても、払い込み総額からすれば、マイホームの次に大きな買い物だといえます。
にも関わらず、残念なことに自分の保険に対して十分に理解している方が少ないのが現状です。

今これを見ているあなたは、今入院したとしてどのような保障が受けられるか、どれくらいの死亡保険金がもらえるのか、わかっていますか?
てきぱきと答えられ方は、実際少ないのではないでしょうか。

特に、知り合いの保険外交員に勧められるがまま、生命保険にとりあえず加入したという方は、多くは理解できてません。
とりあえず入っておけばなんとかなるから、といって無駄な特約のついた保険に加入していませんでしょうか。
すぐに見直してみる必要があると思います。

保険は人によってその形は様々であるべきです。
生活環境も違えば年齢も違いますし、もっている貯蓄も違うでしょう。

大きな買い物なのになぜか簡単にみられてしまう生命保険。
自分に合った生命保険を正しく理解し、十分な保障をもっておいてほしいと思います。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

生命保険の比較と見直し:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.m613.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。