生命保険保険金増額 中途増額制度

生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくしたいなぁ、という場合がありますね。
家族が増えるということは、万が一の場合のリスク補償がさらに重要になってくるからです。
このような場合、保険金を増額することが可能になっています。

スポンサードリンク

生命保険には「中途増額制度」というものがあり、保険に加入している期間は変更が可能になっています。
例えば定期付きの終身保険の場合、主契約にあたる「終身保険」と特約にあたる「定期保険」のどちらも増額できるようになっています。

保険料を増額すると、増額時点での契約者の年齢と保険料率から再計算されます。
この際、新たに診査と告知が必要になりますので、もしお考えなら健康なうちにやっておきたいですね。

この中途増額制度を利用すれば、保険金をアップさせたい部分だけを定めることができます。
総額が必要のない他の部分は以前のまま、ということができますので、より細かい見直しができるようになっているのです。
これを踏まえると、高金利の時代に加入した終身保険は、解約再加入よりも中途増額のほうがかなりお得だということがわかります。

この中途増額制度を利用する方の多くは、子供さんが生まれて独立するまでの一番心配な時期だけを保障アップするようです。
こういった場合は、特約の定期部分だけを保険金増額させれば、主契約増額よりも保険料を低く抑えられ、家計にかかる負担も少なく済みます。

死亡保障を増額したいという方は、死ぬまで続けるという場合は終身保険増額のほうがいいと思います。
子供さんの養育期間だけ必要だという場合なら、定期保険増額のほうがいいというのが通説ですね。

加入されている生命保険会社によって、増額の条件は異なります。
お考えの際には、必ず保険会社に確認するようにしましょう。
また、合わせて他社の商品も比較してみると、根本的な部分の間違いに気づける場合もあります。

毎月の保険料はたいしたことがなくても、年間にすると結構な金額になるのが生命保険です。
見直しの際は慎重に、よりお得な場合を考えて選ぶようにしていきたいですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......

▲このページのトップへ