生命保険の特約か医療保険単体か?

生命保険に加入する際、特約をプラスする方は多いと思います。
特に、医療保険に関しては特約でプラスしている方が圧倒的に多いでしょう。
しかし、将来的に病気にかかるリスクの高そうな方は、単体の医療保険に加入したほうがいい場合もあります。
生命保険の主契約と、単体の医療保険、という形をとるということですね。

スポンサードリンク

やはり保険料の面でいえば多少割高にはなってしまいます。
しかし、特約ではカバーしきれない部分も、単体の医療保険ならしっかりと保障してもらえます。
公的な保険の保障があるといっても、医療費の個人負担は少子高齢化に伴いこれからも増す可能性は高いですし、あらゆる病気のリスクもますます高まっています。
しっかりとした医療保険に加入しておけば、もし長引く治療があっても安心して続けていくことができます。

また、自営業の方やフリーターの方、将来的に独立をお考えの方は、公的な保険が十分でない場合がありますね。
そういう方は自分でなんらかの形で補わなければならず、その隙間を埋めてくれるのが、医療保険だといえます。
例えば親の家業を継ぐとか、絶対に自分で会社を作るという方は、若いうちに医療保険に加入してしまいましょう。
若いうちに入れば、保険料は格段に安くで済みますし、終身保険ならそのままの保険料で一生涯続けることができるのです。

また、60歳以降の医療保障がないという方、あっても不安だという方にも医療保険の加入をおすすめします。
例えば医療保険を生命保険の特約としてカバーしている方だと、その生命保険や養老保険が満期を迎えてしまえば、特約の医療保障もそこで終わりです。
またそこから医療保険に新たに、となるとかなり保険料が割高になってしまいます。
ですので、少し早めでも単体の医療保険に加入しておいたほうが、将来のリスクは軽減されるでしょう。

また、専業主婦の方は夫の生命保険の家族特約で保障、という方が多いと思います。
こういった方にも、医療保険はおすすめできるものです。
一般的に家族特約では、配偶者への給付金は本人の60%程度になってしまいます。
もしできるなら、自分のみの医療保険に加入したほうが、長引く治療でも安心することができます。

また、夫が亡くなってしまった場合、死亡保険金の支払いと同時に、妻の医療保障なども無くなってしまいます。
年齢がいってから新たに加入となると、やはり保険料が気になりますからね。
早めに手を打っておいたほうがいいと思いますよ。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......
生命保険保障額は遺族基礎年金考慮
生命保険に加入する際、必要な保障額を決めると思いますが、いったい必要な金額とはど......
生命保険の目的とリスクを把握
生命保険に加入を検討する際、その生命保険に入る自分の目的というものを、明確にして......
生命保険+貯蓄機能の養老保険
毎月保険料を払うのなら、少しでも貯蓄性があると助かるのにな、というお考えの方はき......
生命保険の主契約と特約のバランス
生命保険に主契約のみで加入できるということを知らない、なんて方もいらっしゃいます......

▲このページのトップへ