生命保険の目的とリスクを把握

生命保険に加入を検討する際、その生命保険に入る自分の目的というものを、明確にしておく必要があります。
何もわからず、とりあえず入っておいたほうがよさそうだから、というものならば、加入しないほうがましでしょう。
万が一の場合に遺族に資産を残すためなのか、貯蓄目的なのか、入院したとき手術したときの医療費を賄うためなのか、人によって様々だと思います。

スポンサードリンク

一家の働き手である方が亡くなった場合、家族への経済的なダメージは大きくなります。
そのリスクへの保障なら、死亡保険に加入すればいいでしょう。
また長生きすることは良いことですが、かかるお金もそれなりに多くなります。
そのための資金を確保したいということであれば、養老保険という手段がありますね。

病気や怪我で入院したら、治療費もかかりますし、その間収入が途絶える人もいるでしょう。
そういう方には医療保険やプラス特約で保障をというのが一般的です。

このように、少し取り上げただけでも色んな種類の生命保険が存在します。
どの保険が合うのか、それは人の状況によって異なります。
独身者なのか結婚しているのか、既婚者なら扶養家族は何人いるのか、貯蓄額はいくらか、などの条件が関わってくるでしょう。
生命保険に加入するなら、まずは自分の生活環境をおさらいし、本当に欲しい保障を見極めるべきですね。

もし一生独身でいくというなら、死亡保険に加入する意味がありません。
共働きで子どものいない夫婦でも、貯蓄が十分にあれば死亡保険は対して必要がないでしょう。
こういった方々は、死亡保険の代わりに医療保険を手厚くしたり、養老保険で老後の備えをしたほうがいいと思います。

生命保険は、万が一が起こった場合にその役目を果たします。
万が一が起こらないことに越したことはないのですが、多すぎる保障は無駄だということですね。
リスクは幾らでも出てきます。考えるとキリがありません。
極端な話、明日死んでも別に不思議はないのです。

全てのリスクに備えることは、保険料の面からいってあまり効率的ではないでしょう。
本当に必要な、お金のかかることに対しては保険をうまく使いましょう。
貯蓄で対応できることもたくさんありますので、まずは貯蓄を基本で考えていけばいいと思います。

さまざまな生命保険がありますが、どの保険に入るかは独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はどのくらいあるのか等、さまざまな条件によって変わってきます。
すべての保障をカバーしようとすると毎月の保険料は大変高額なものになってしまいます。
そのため、生命保険に加入する前に自分のライフスタイルをよく考えて、どのような保障を求めるのかをはっきりさせましょう。
たとえば、一生独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人達には死亡保険は必要ないかもしれません。
扶養家族がいない人は医療保険や老後の資金を目的とした養老保険などがいいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......
生命保険保障額は遺族基礎年金考慮
生命保険に加入する際、必要な保障額を決めると思いますが、いったい必要な金額とはど......
生命保険+貯蓄機能の養老保険
毎月保険料を払うのなら、少しでも貯蓄性があると助かるのにな、というお考えの方はき......

▲このページのトップへ