生命保険料で保険貧乏にならないで

筆者の知り合いで、月に22万円の収入でおよそ8万円の保険料を払っている、というちょっと変わった?知人がいます。
「毎月の保険料が大変で・・」と嘆いていますが、正直に申し上げて、こういう人のことを「保険貧乏」といいます。
毎月の生命保険料が家計を大きく圧迫している、という方は、上記まではいかなくても割りと多いかもしれませんね。

スポンサードリンク

保険は貯蓄性のあるものもありますが、何事もなければ払うだけの、いわばお守りです。
そのお守りが家計を圧迫しているというのは、あまり好ましい状況とはいえませんね。
こうした保険貧乏にならないために、注意しておきたいポイントが幾つかありますので、見ていきたいと思います。

基本的な考えとして持って欲しいのが、生命保険は最低限度の保障をカバーできればOKとすることです。
資金は余裕を持つように心がけ、出来るだけ貯蓄に回したり、住宅ローンに充てたりするほうがよいでしょう。
そもそも、お金に余裕があれば、保険に加入する必要がないのです。
万が一に備えが必要なお金のない人のためのもの、と言い換えることができます。

ですので、保険料で家計が火の車という状態は、本末転倒なわけですね。
こういった事態に陥らないために、生命保険の支払い額は目安を守るといいと思います。
大体、月収の10%〜15%であれば、余裕を持って払うことができるでしょう。
ちなみに冒頭の保険貧乏の知人の割合は、36%です。これでは生活が大変で当たり前ですね。

生命保険の支払いは無理をしないことが一番です。
自分の収入に見合った、適切な保険料を設定しましょう。

生命保険は若いうちに入れ、なんてよく耳にします。
若いうちに入れば、保険料が安くで済みますからね。
特に終身保険の場合ですと、払い込み総額や毎月の保険料は、年齢が高くなればなるほどきついものになってきます。
ただ、保険の種類によっては若いうちに加入する逆に損をするものもあります。
商品の内容をしっかりと把握してから、検討するようにしたいですね。

医療保険の場合、一般的に中高年以降の加入は保険料が割高です。
そのときの健康状態によっては、さらに保険料が割り増しになることもあるでしょう。
ただし、定期保険などの場合は結婚して落ち着いてからでも、加入は遅くないと思います。

保険料が安いからといって、やみくもに色々な保険に加入することだけは絶対に避けましょう。
保険は必要な期間、必要な保障だけを。
これが保険貧乏にならないための鉄則といえます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......
生命保険保障額は遺族基礎年金考慮
生命保険に加入する際、必要な保障額を決めると思いますが、いったい必要な金額とはど......
生命保険の目的とリスクを把握
生命保険に加入を検討する際、その生命保険に入る自分の目的というものを、明確にして......
生命保険+貯蓄機能の養老保険
毎月保険料を払うのなら、少しでも貯蓄性があると助かるのにな、というお考えの方はき......
生命保険の特約か医療保険単体か?
生命保険に加入する際、特約をプラスする方は多いと思います。 特に、医療保険に関し......
生命保険の主契約と特約のバランス
生命保険に主契約のみで加入できるということを知らない、なんて方もいらっしゃいます......
生命保険に定期保険上乗せ時の注意
生命保険の種類というのはたくさんあり、外資系の保険会社の参入により、その数は昔と......
生命保険は終身保険か定期保険か?
生命保険で保障をメインにお考えの方は多いと思います。 貯蓄性のある保険もあります......
生命保険は死亡保険,生存保険,生死混合保険の3つがメイン
生命保険会社の数も増え、その分商品の数も一昔前に比べると格段に増えてきました。 ......
生命保険はライフプランで選ぶ
生命保険は、加入する人の生活状況によって全く異なるものです。 他の人と全く同じで......
生命保険で災害病気死亡リスク対策
長い人生、いつどこでどのようなハプニングに見舞われるかは、誰にもわかりませんね。......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

生命保険の比較と見直し:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.m613.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。