生命保険保障額は遺族基礎年金考慮

生命保険に加入する際、必要な保障額を決めると思いますが、いったい必要な金額とはどれくらいなのでしょう。
実際に経験したことのない方がほとんどだと思いますので、ここで少しお話をしていきたいと思います。
生命保険に加入する前には、万が一の場合が起こったその後の必要金額を、およそでも把握しておいたほうがいいと思います。

スポンサードリンク

一家を支える働き手が死亡した後に、残された家族が生活をしていくためのお金、これが保障額ということです。
多ければ多いほど残された家族は生活を謳歌できるわけですが、贅沢をする必要はないので、必要最低限の保障ということで考えていきましょう。
もし3000万円あれば生活できるという場合に、5000万円の保障額になっていると、残りの2000万円分は余計な保険料ということになります。
2000万円の死亡保険金というと、保険料はかなりのものです。これは無駄な保険料になってしまいますね。

毎月の出費ですから、出来るだけ安く抑えたいでしょう。
そのために、おおよその必要金額は把握しておいてほしいと思います。

必要金額の簡単な出し方です。
働き手が亡くなった後、かかる生活費と子どもの教育費を概算で出します。
そこから貯蓄や遺族の収入、遺族年金といったその後も入ってくる予定の収入を差し引きます。
そして出てきた金額が、必要金額になります。

遺族年金は公的保障ですが、内容を理解している方は少ないので、簡単にご説明しましょう。
まず、遺族年金には種類があります。

・遺族基礎年金

・遺族厚生年金

・妻の老齢年金

・中高年寡婦年金

などが主なものになります。
家族に18歳未満の子どもがいる場合、子どもが18歳になるまでは「遺族基礎年金」を受給することができます。
厚生年金に加入していたら、「遺族厚生年金」を受給できます。
これは社会保険事務所にいけば細かい金額を算出してくれますので、一度確認してみるといいでしょう。

保障額の計算においては、こういった遺族年金の収入を必ずいれることが欠かせません。
忘れがちですがかなり大きな収入になりますので、算出の際は注意しておいてくださいね。

また、公的医療保険の補償も忘れてはいけません。
同じ病院に1ヶ月通い、治療費用の自己負担額が大きくなった場合には、「高額療養費制度」を利用することができます。
医療保障は公的な保険だけでもかなりの部分を賄うことができます。

こういったプラスアルファの要因もきちんと考慮した上で、保障額を決めてほしいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......
生命保険の目的とリスクを把握
生命保険に加入を検討する際、その生命保険に入る自分の目的というものを、明確にして......

▲このページのトップへ