生命保険は生活環境によって見直し

生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。
必要な保障は人によって様々ですし、保障額も保障内容も異なってきて当然ですね。
たとえ年齢が同じでも、独身で実家暮らしという人と、すでに結婚して世帯主、妻と子どもを養いながら住宅ローンも、という人が同じでは困ります。

スポンサードリンク

生命保険はなんのためにあるのか。
それは、もしも一家を支える働き手に万が一の場合が起こったとき、残された家族が金銭的に困らないためにあるのです。
ですので、万が一の場合に必要な金額がはっきりと分かっていれば、ぴったりな生命保険に加入することは難しくありません。

しかし、将来的な必要金額まで把握している人は少ないかもしれません。
そういう方は、まったく見当違いの生命保険に加入してしまうケースがあります。
「もし万が一の場合はこれくらいの保障を」「こうなった場合に備えて保険に加入したい」という目的と意志をはっきりと持つことが大切です。
それを保険会社に明確に伝えないと、要らない特約までつけられたりして保険料ばかりが高くなる、という状況も生まれてきてしまいます。

また、生命保険に加入すると、加入したことで安心してしまいその後の管理を怠る方が非常に多いです。
生命保険は長い人生を一緒に歩んでいく大切な財産です。買った保障をそのまま丸投げではいけません。
なぜなら、長い人生、生活環境というのは必ず何度か変化を遂げます。
また、世の中の情勢というのも同じではいかないでしょう。景気も変化しながら、それに対応していかなければいけません。

子どもが生まれ、進学し、独立し、夫婦二人の生活になり、生活環境は必ず変わります。
それに伴い、必要な保障というのも変わってきて当たり前なのです。
その時に応じて、最善のプランに見直していかなくてはいけません。
ですので、生命保険の管理は怠ってはいけないのです。

保険は若いうちに加入すると得、とよく言われます。
確かに終身保険の場合、若いうちなら安い保険料で加入ができ、その保険料のままで加入を続けていくことができます。
ただ、高額の死亡保険に加入する必要性はまったくありません。
特約も限られたものだけで十分です。

保険のかけすぎ、頼りすぎの方が多くみられます。
医療保険で一日何万円もの保障をつけるなら、入院しなくていいように日々の健康管理を気をつけたほうがよっぽど保険になると思います。
余分な保険に加入しないように、よく検討してから商品を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
子どもの生命保険は高度障害の備え
親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険保障額は遺族基礎年金考慮
生命保険に加入する際、必要な保障額を決めると思いますが、いったい必要な金額とはど......

▲このページのトップへ