子どもの生命保険は高度障害の備え

親の扶養に入っている子どもの場合、一家の働き手ではないので、死亡したとしても家計に与えるダメージはあまりありません。
もちろん精神的なダメージはここでは扱いませんが、あくまで生命保険としての話だと、子どもに死亡保険の加入の必要性はあまりないと思われます。
小さな子どもの保険は、大抵親の生命保険の特約で賄うことができます。
また、子どもの生命保険をかけるなら、その分で親の生命保険の保障を手厚くするほうが効率的でしょう。

スポンサードリンク

子どもを被保険者にする子ども保険というものがあります。
これには親が死亡したり高度障害が残って働けなくなった場合に、育英年金という形の補償がついているタイプがあります。
実際に受け取るとなった場合、金銭的に助かることも多々あるとは思いますが、同時に注意点もあります。

まず、育英年金は、受け取り時には相続税の対象になってしまうという点です。
また、育英年金の毎年の受取額に応じて、住民税と所得税がかかってきてしまうのです。
育英年金が雑所得扱いになってしまうためですね。

冒頭で述べたように、子どもには死亡保険はあまり必要がありません。
その代わり、子どもが高度障害になったときの備えは必要になると思います。
高度障害になると、治療費などの負担はかなりのものになります。親の仕事が制限されることもあるでしょう。
家計を圧迫するのは確実ですので、医療保険や傷害保険に加入しておいたほうが安心だと思います。

子ども保険には、こういった高度障害の保障がないタイプも結構ありますので、注意が必要です。
医療保険であれば、親の生命保険の特約として加入できることが多いので、そちらで賄うことも検討したほうがいいでしょう。

ただ、子どもに将来の資金を残すという意味で、生命保険に加入させたいという親御さんもいらっしゃいます。
そういった場合には、子どもが引き継ぐことのできる終身保険に加入すればよいでしょう。
年齢の低いうちの終身保険は、保険料をかなり割安で抑えることができます。
保険料が一生涯変わらないタイプなら、子どもが大きくなってからの大きな助けになってくれると思います。

子どもに必要な保険は親の生命保険で賄うか、もしくは損害保険会社で取り扱っている「傷害保険」に加入しましょう。
子どもはケガや病気が多く、入院する可能性も常にあります。
子どもには必要な保障は限られていますので、こういった単体の保険で賄うのも有効な手段だといえます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもの生命保険と学資保険
今は結婚する時点で子どものいるご家庭も珍しくなくなりましたが、一般的には結婚して......
生命保険 犯罪,戦争,災害は免責
一家の大黒柱ともなれば、生命保険に加入している方がほとんどだと思います。 あまり......
生命保険のリスク分散とリストラ
生命保険会社といえども、破綻の可能性というのは常に付きまとっているものです。 な......
保険会社の見直しとリフォーム
たまに生命保険会社から「保険の見直しをしませんか?」という電話がかかってきたりし......
生命保険特約 疾病,傷害,災害関連
生命保険には、主契約と特約が存在します。 主契約を変えることはできませんが、特約......
生命保険保険金増額 中途増額制度
生命保険に加入したときは独身だったけど、結婚して子供も出来たから保障を大きくした......
生命保険の中途減額で保険料の減額
生命保険に加入してしばらく経つと、もしかしたら自分に合っていないかもと思うことが......
生命保険見直し約款と契約のしおり
生命保険を見直したいと思ってはいても、なかなか行動に移せない方が多いのではないで......
生命保険を生活環境でリフォーム
若い頃に入った生命保険を一度も見直さずにきた、という方をたまに見ます。 独身のこ......
生命保険の死亡保障と医療保障
生命保険は一度加入するとそれで安心、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ......
60歳過ぎの生命保険は医療保障とガン保険をメインで
お昼間に流れるCMなんかを見ていると、生命保険のコマーシャルがたくさん流れていま......
50歳を過ぎたら個人年金保険を検討
50歳というと、子供たちが独立して夫婦でそろそろ老後について考えていく、そんなス......
40歳は個人年金保険や終身保険増額
20代で結婚して子供が出来たとすると、40代になれば高校大学の子供さんがいること......
共働き夫婦は生命保険より貯蓄優先
夫婦二人共が働いているご家庭では、収入が少なくて保険料で困るということはあまりな......
生命保険と結婚 保険料のバランス
独身時代は若いので保険に加入する必要がない、と感じている方も多いと思います。 保......
独身者は終身保険+医療保険
年齢が若くまだ独身、結婚の予定も当分ないとなると、生命保険にわざわざ加入しようと......
生命保険は生活環境によって見直し
生命保険は、自分に合ったものかどうかという点が非常に重要になってきます。 必要な......

▲このページのトップへ